モヒカンメモ

プログラマー風林火山で言う「風のエンジニア」になりたい(比較的)若者Webエンジニアの備忘録

Amazon Linux 2へPHP7.4をインストールする

Amazon Linux 2へPHP 7.4をインストールしたので備忘録がてら残しておく。

f:id:pinkumohikan:20191228190238p:plain
PHP 7.4.1

前提

  • 2019/12/28 時点の情報
  • Amazon Linux 2 ( ami-068a6cefc24c301d2 )

amazon-linux-extras

Amazon Linux 2には amazon-linux-extras という便利コマンドがある。このコマンドを使うとサードパーティ製パッケージを割と新しめなバージョンでサクッとインストールできる。

aws.amazon.com

だがしかしbut、12/28時点ではPHP 7.4はサポートされておらず、フォーラムを見る限り予定も不明確。

Thread: amazon-linux-extras support for PHP 7.4

なので現時点でAmazon Linux 2でPHP 7.4を使うには、自分で頑張ってインストールする必要がある。

ざっくり手順

  1. EPELリポジトリを使えるようにする
  2. remiリポジトリを使えるようにする
  3. remiリポジトリを使って、PHP 7.4をインストールする

コマンドでいうとこちら

sudo amazon-linux-extras enable epel
sudo yum clean metadata
sudo yum install -y epel-release

sudo rpm -Uvh https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm

sudo yum install --enablerepo remi -y php74

sudo ln -sf /usr/bin/php74 /usr/bin/php

一つづつ解説していく。

解説

1. EPELリポジトリを使えるようにする

fedoraproject.org

イカしたサードパーティ製ライブラリを提供するyumリポジトリ。有名な先進OS Fedoraのメンテナがメンテしてるので安心。

EPELはamazon-linux-extrasでインストール出来る。

$ sudo amazon-linux-extras enable epel
  0  ansible2                 available    [ =2.4.2  =2.4.6  =2.8 ]
  2  httpd_modules            available    [ =1.0 ]
  3  memcached1.5             available    \
        [ =1.5.1  =1.5.16  =1.5.17 ]
  5  postgresql9.6            available    [ =9.6.6  =9.6.8 ]
  6  postgresql10             available    [ =10 ]
  8  redis4.0                 available    [ =4.0.5  =4.0.10 ]
  9  R3.4                     available    [ =3.4.3 ]
 10  rust1                    available    \
        [ =1.22.1  =1.26.0  =1.26.1  =1.27.2  =1.31.0  =1.38.0 ]
 11  vim                      available    [ =8.0 ]
 13  ruby2.4                  available    [ =2.4.2  =2.4.4  =2.4.7 ]
 15  php7.2                   available    \
        [ =7.2.0  =7.2.4  =7.2.5  =7.2.8  =7.2.11  =7.2.13  =7.2.14
          =7.2.16  =7.2.17  =7.2.19  =7.2.21  =7.2.22  =7.2.23
          =7.2.24 ]
 16  php7.1                   available    \
        [ =7.1.22  =7.1.25  =7.1.27  =7.1.28  =7.1.30  =7.1.31
          =7.1.32  =7.1.33 ]
 17  lamp-mariadb10.2-php7.2  available    \
        [ =10.2.10_7.2.0  =10.2.10_7.2.4  =10.2.10_7.2.5
          =10.2.10_7.2.8  =10.2.10_7.2.11  =10.2.10_7.2.13
          =10.2.10_7.2.14  =10.2.10_7.2.16  =10.2.10_7.2.17
          =10.2.10_7.2.19  =10.2.10_7.2.21  =10.2.10_7.2.22
          =10.2.10_7.2.23  =10.2.10_7.2.24 ]
 18  libreoffice              available    [ =5.0.6.2_15  =5.3.6.1 ]
 19  gimp                     available    [ =2.8.22 ]
 20  docker=latest            enabled      \
        [ =17.12.1  =18.03.1  =18.06.1  =18.09.9 ]
 21  mate-desktop1.x          available    [ =1.19.0  =1.20.0 ]
 22  GraphicsMagick1.3        available    [ =1.3.29  =1.3.32 ]
 23  tomcat8.5                available    \
        [ =8.5.31  =8.5.32  =8.5.38  =8.5.40  =8.5.42 ]
 24  epel=latest              enabled      [ =7.11 ]
 25  testing                  available    [ =1.0 ]
 26  ecs                      available    [ =stable ]
 27  corretto8                available    \
        [ =1.8.0_192  =1.8.0_202  =1.8.0_212  =1.8.0_222  =1.8.0_232 ]
 28  firecracker              available    [ =0.11 ]
 29  golang1.11               available    \
        [ =1.11.3  =1.11.11  =1.11.13 ]
 30  squid4                   available    [ =4 ]
 31  php7.3                   available    \
        [ =7.3.2  =7.3.3  =7.3.4  =7.3.6  =7.3.8  =7.3.9  =7.3.10
          =7.3.11 ]
 32  lustre2.10               available    [ =2.10.5 ]
 33  java-openjdk11           available    [ =11 ]
 34  lynis                    available    [ =stable ]
 35  kernel-ng                available    [ =stable ]
 36  BCC                      available    [ =0.x ]
 37  mono                     available    [ =5.x ]
 38  nginx1                   available    [ =stable ]
 39  ruby2.6                  available    [ =2.6 ]
 40  mock                     available    [ =stable ]
 41  postgresql11             available    [ =11 ]

Now you can install:
 # yum clean metadata
 # yum install epel-release
$ sudo yum clean metadata
読み込んだプラグイン:extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
リポジトリーを清掃しています: amzn2-core amzn2extra-docker amzn2extra-epel
10 個の metadata ファイルを削除しました
4 個の sqlite ファイルを削除しました
0 個の metadata ファイルを削除しました
$ sudo yum install -y epel-release
読み込んだプラグイン:extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
amzn2-core                                                                                                      | 2.4 kB  00:00:00
amzn2extra-docker                                                                                               | 1.3 kB  00:00:00
amzn2extra-epel                                                                                                 | 1.3 kB  00:00:00
(1/5): amzn2-core/2/x86_64/group_gz                                                                             | 2.5 kB  00:00:00
(2/5): amzn2-core/2/x86_64/updateinfo                                                                           | 181 kB  00:00:00
(3/5): amzn2extra-epel/2/x86_64/primary_db                                                                      | 1.8 kB  00:00:00
(4/5): amzn2extra-docker/2/x86_64/primary_db                                                                    |  59 kB  00:00:00
(5/5): amzn2-core/2/x86_64/primary_db                                                                           |  36 MB  00:00:00
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ epel-release.noarch 0:7-11 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

=======================================================================================================================================
 Package                           アーキテクチャー            バージョン                   リポジトリー                          容量
=======================================================================================================================================
インストール中:
 epel-release                      noarch                      7-11                         amzn2extra-epel                       15 k

トランザクションの要約
=======================================================================================================================================
インストール  1 パッケージ

総ダウンロード容量: 15 k
インストール容量: 24 k
Downloading packages:
epel-release-7-11.noarch.rpm                                                                                    |  15 kB  00:00:00
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
  インストール中          : epel-release-7-11.noarch                                                                               1/1
  検証中                  : epel-release-7-11.noarch                                                                               1/1

インストール:
  epel-release.noarch 0:7-11

完了しました!

2.remiリポジトリを使えるようにする

rpms.remirepo.net

remiもイカしたサードパーティ製ライブラリを提供するyumリポジトリ。

$ sudo rpm -Uvh https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm
https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm を取得中
警告: /var/tmp/rpm-tmp.cwom6N: ヘッダー V4 DSA/SHA1 Signature、鍵 ID 00f97f56: NOKEY
準備しています...              ################################# [100%]
更新中 / インストール中...
   1:remi-release-7.7-1.el7.remi      ################################# [100%]

3. PHP 7.4を入れる

あとはお目当てのものをインストールしていくだけ。

EPELもremiも、既存リポジトリと競合しないように無効化された状態でリポジトリ登録されているので、使うときはyumコマンドに --enablerepo remi のようにオプションを付けて明示的に有効化する必要がある。

$ sudo yum install --enablerepo remi -y php74
読み込んだプラグイン:extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
(1/2): remi/primary_db                                                                                          | 2.6 MB  00:00:02
(2/2): remi-safe/primary_db                                                                                     | 1.7 MB  00:00:03
250 packages excluded due to repository priority protections
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ php74.x86_64 0:1.0-1.el7.remi を インストール

...

インストール:
  php74.x86_64 0:1.0-1.el7.remi

依存性関連をインストールしました:
  audit-libs-python.x86_64 0:2.8.1-3.amzn2.1                             checkpolicy.x86_64 0:2.5-6.amzn2
  environment-modules.x86_64 0:3.2.10-10.amzn2.0.2                       libX11.x86_64 0:1.6.5-2.amzn2.0.2
  libX11-common.noarch 0:1.6.5-2.amzn2.0.2                               libXau.x86_64 0:1.0.8-2.1.amzn2.0.2
  libcgroup.x86_64 0:0.41-21.amzn2                                       libselinux-python.x86_64 0:2.5-12.amzn2.0.2
  libsemanage-python.x86_64 0:2.5-11.amzn2                               libxcb.x86_64 0:1.12-1.amzn2.0.2
  ncurses-compat-libs.x86_64 0:6.0-8.20170212.amzn2.1.3                  php74-php-cli.x86_64 0:7.4.1-1.el7.remi
  php74-php-common.x86_64 0:7.4.1-1.el7.remi                             php74-php-json.x86_64 0:7.4.1-1.el7.remi
  php74-runtime.x86_64 0:1.0-1.el7.remi                                  policycoreutils-python.x86_64 0:2.5-22.amzn2
  python-IPy.noarch 0:0.75-6.amzn2.0.1                                   setools-libs.x86_64 0:3.3.8-2.amzn2.0.2
  tcl.x86_64 1:8.5.13-8.amzn2.0.2

完了しました!

php-mbstring などのPHP拡張を入れたいときは、 php74- というprefixをつける。 php-mbstring の場合は php74-php-mbstring 、といった具合。

$ sudo yum install --enablerepo remi -y php74-php-mbstring
読み込んだプラグイン:extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
250 packages excluded due to repository priority protections
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ php74-php-mbstring.x86_64 0:7.4.1-1.el7.remi を インストール

...

インストール:
  php74-php-mbstring.x86_64 0:7.4.1-1.el7.remi

依存性関連をインストールしました:
  oniguruma5.x86_64 0:6.9.4-1.el7.remi

完了しました!

デフォルトでは php74 というコマンド名でインストールされる。symlinkを貼って php で呼べるようにしておくと便利。

$ php --version
-bash: php: コマンドが見つかりません

$ which php74
/usr/bin/php74

$ sudo ln -sf /usr/bin/php74 /usr/bin/php

$ php --version
PHP 7.4.1 (cli) (built: Dec 17 2019 16:35:58) ( NTS )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies

Happy PHP 7.4 Life!