モヒカンは正義

渋谷で働く怪しいWebエンジニアの生きた証と備忘録

プライベートプロダクトのpackage.jsonのlicenseフィールドには "license: UNLICENSED" と指定すればいいらしい

f:id:pinkumohikan:20180426233035p:plain

package.jsonのlicenseフィールドに何も指定しないと、下記のような警告が出てしまい目障りである

warning package.json: No license field

プライベートプロダクトでpackage managerとしてnpm / yarnを使っているだけで、publishしたりオープンソースにするつもりはない。そういう時にどうすれば良いんだろうかと思ってモヤモヤしていたが... 普通に公式に書いてあったw

docs.npmjs.com

Finally, if you do not wish to grant others the right to use a private or unpublished package under any terms: { "license": "UNLICENSED" }

雑訳: 他人に権利を譲らないプライベートな奴だったら "license": "UNLICENSED" を指定してね

Consider also setting "private": true to prevent accidental publication.

雑訳: "private": true を指定しとくと、意図しない公開を防げるよ (誤npm publish対策)

{
  ...snip...
  "license": "UNLICENSED",
  "private": true
}

みたいな感じか

$ yarn install
yarn install v1.6.0
[1/5] 🔍  Validating package.json...
[2/5] 🔍  Resolving packages...
success Already up-to-date.
✨  Done in 0.35s.

確かに出なくなった、これで良さそう